Uncategorized

自己紹介 〜遊びの達人になる〜

Fukurogiのプロフィール

タイトルとペンネーム

ブログのタイトルとペンネームに使っている「Fukurogi」は、大学生時代に先輩と後輩の3人で飲んでいた時に、「会社員として普通に働くんじゃなくて、自分たちで事業を立ち上げたいよね。会社名は3人の名前から1文字ずつ取ってFukurogiにしよう」と盛り上がったことがあった。他の2人はもう覚えていないだろうけど、その飲み会が人生の飲み会で1番楽しくて、話した内容を今でも鮮明に覚えている。3人で会社を立ち上げる未来が今は見えないので、せめて個人ブログのタイトルにしても良いだろうと思い、ブログタイトルとペンネームに使っている。

沖縄県民

僕は1990年(平成2年)生まれ。ブログを始めようと思った2021年3月時点では30才。

出身地は今やアジアでも一番のリゾート地である沖縄県の小さな離島。特に僕の地元は、世界でこんなことを今でも真剣にやっている所があるんだ?!というくらい貴重な島。日本どころか世界でも貴重な血を引き継いでいる家の長男として生まれ、非常に昔気質な環境で育った。当時はこんな風習なんてめんどくさいし嫌いだったけど、その経験のおかげで今では会社や周りの人達に恵まれていると思う。

経歴

そんな小さな離島で中学まで過ごし、高校は「島を出たい」という思いだけで、広島の高校に進学し、寮生活をする。僕が通った高校が「北は北海道から南は沖縄まで」ということを言いたいがために、北海道と沖縄に訪れ受験をしていた。島から出たい僕はそれに飛びつき見事合格し、授業料・寮費免除の特待生という待遇で高校に進学する。広島は地元でもないし、高校の同級生とは会うことはないんだろうけど、この年齢になるとたまに会いたくなる。

大学〜社会人1年目までは山口県で過ごした。親に無理言って大学院まで通ったので、山口では7年過ごしたことになる。7年もいるとかなり愛着がわき、今では第二のふるさとだ。

幼い頃は「末は博士か大臣か」と言われて育ったので、博士課程に進むつもりだったが、27才新卒は日本の企業が取ってくれない、というクソみたいな日本の現実があり、博士課程に進むことを断念する。断念したときには時既に遅しで、世の中の就活ブームが終わっていた。そこで慌ててバイト先にお願いして就職しつつ裏で転職活動をして、2016年から東京の外資系コンサルティングファームで働いている。外資コンサルってコンパでモテると思っていたが、元がオタクなのでそんなことはない日々を過ごしている。

人生観

沖縄で生まれて、広島、山口、東京と徐々に上京してくる中で、他の人は経験しないだろう経験をしてきたし、色々な人に出会ってきた自信はある。出会う人皆自分より優秀だったが、その中でも特に優秀で尊敬できる人は、「兼愛」の精神を持っていた。我関せずじゃなくて、他人の幸せを考えていて、結局は自分が幸せになっていた。そんな人たちに少しでも近づくために、「兼愛」と「所染」を意識して生きている。要は、「困った時はお互い様」ということで、深いことは考えずに人助けできる人間になれるよう努力している。

人生で影響を受けた人たち

これまでの人生で影響を受けた人が2人いる。大学時代の研究室の教授の人と外資コンサルの会社の元上司。この2人を勝手に師匠と崇め奉り、パクれるところは全てパクっている。

1人目の博士課程に進みたいと言ったことで、頭良くない僕に対して、研究室の教授は特に熱心に面倒を見てくれた。正直、僕の学力程度では博士課程に進んでもドクターを取れなかったと思う。それでも僕が希望しているということもあり、何とか博士を取らせようと指導してくれた。結局博士課程には進まなかったけど、研究室に配属していた3年間のおかげで今の自分がある。

2人目の会社の元上司にも本当にお世話になった。なにせ田舎育ちで山口県に引きこもって就活すらしていなから本当に世の中のこと知らない中、会社都合で無理やりアサインされた僕に熱心に指導してくれた。その上司にはプライベートでも気にかけてくれて、一緒にロードバイクに乗ったり、トライアスロンに挑戦したり、新年会や忘年会もしてくれている。タイトルに「遊びの達人になる」という言葉も、その元上司から貰った年賀状に書いてあった言葉に感動して使っている。

本人たちからしたら尊敬されているどころかモノマネされまくっていることなんて夢にも思っていないだろうけど、今後もこの2人を師匠として少しでも近づけるように努力していくと思う。

このブログで書くこと

読書好きで年間200冊以上は本を読んでいる。読んだんだから知識を定着させるために読書ノートを書いていたが、せっかくだから自分の読書ノートの内容を外部に公開しようかなと思いブログを始めた。どうせ誰も読んでくれないだろうけど、もしかしたら何人かが読むかもしれないと思うと、ふざけた文章を書くわけにはいかなくて、その結果自分の文章力と、まとめることによる知識の定着が良くなるかもと期待している。

ブログ始めるなら読書ノートでけではなく、読書以外の趣味である、ロードバイクやベンチプレス、握力、将棋などの他の趣味についても色々と発信する予定。

ロードバイク

尊敬する人に上げた元上司のパワハラがきっかけでロードバイクを始めたが、いざ乗ってみると楽しくて仕方がなくて、今では週に一度は40kmを走っている。それが発展してトライアスロンに向けてトレーニングを続けている。ロードバイクでのトレーニングや各地でのサイクリングのことも書くつもり。

ベンチプレス・握力

特に運動経験がなく、読書や将棋を趣味にしていたが、2018年5月に「ベンチプレスで100kg上げれたらかっこよくね?」と思いベンチプレスを始めた。結果、1年で目標のベンチプレス100kgを上げることに成功した。目標を達成したので100kgを維持するためのトレーニングになるが、今でもベンチプレスのトレーニングを続けている。

握力は2021年3月にトレーニングを開始した。始めた理由は「りんご潰せたらかっこよくね?」と思ったのがキッカケだ。始めてから3週間でCoCグリッパーの#1.5をクラッシュできるようになって、その後5週間で#2をクラッシュできるようになったので、ある程度質の高いトレーニングができていると思う。1年後にはりんごを握りつぶせるよう、日々トレーニングに励んいる。

将棋

小さい頃から将棋が強くて、小学生の頃から将棋が趣味だ。好きすぎて脇システム研究羽生流右玉という本まで書いた。

将棋関係では、プロの対局で僕がすごいと思った内容などを発信していこうと思う。

 

おすすめ記事

読書ノート

2021/4/13

なんでもわかるキリスト教大辞典

キリスト教の教えや特徴、独特の用語をキリスト教の内部にある複数の流れ、要は「教派」ごとに説明している。聖書や神学、教義、教会史、礼拝学、芸術、個人の伝記、信仰録など、キリスト教を知るための切り口は様々だけど、その中でも「教会」に焦点を当てている。図解も多くわかりやすい。

続きを読む

読書ノート

2021/3/31

政治のキホンが2時間で頭に入る

政治とは国会と内閣、裁判所について学ぶことである。この本は政治について「分かった!」という感覚を与えてくれる。

続きを読む

読書ノート

2021/4/14

医者が教えるサウナの教科書

「仕事ができる人はサウナが好きではなく、サウナが好きだから、仕事ができる」として、サウナへの愛を語っている。理由なしにこれを言うとただの洗脳だが、サウナが仕事のパフォーマンスを上げる医学的根拠をきちんと説明して、医学的に正しいサウナへの入り方(ととのい方)を紹介している。

続きを読む

読書ノート

2021/4/20

プロテスタンティズム

ルターが新しい宗派であるプロテスタントを生み出したという説明は事実に反する。ルター自身がプロテスタントという意識を持っていなかった。教会の改革や刷新を願ってはいたが、新しい宗派を創設する意志などなかった。ルターは、壊れた家を新しく立て直そうとしたのではなく、土台や大黒柱は残して、修繕が必要な部分を新しくしようとしたのである。

続きを読む

読書ノート

2021/4/21

ナチスの発明

野蛮で残虐な侵攻や迫害は世界のあらゆる国、あらゆる民族でも行われた。それが最も極端な形で現れたのがナチス(ヒトラー)である。人類は、ナチスが何を思い、何をやったのかを、もっと冷静に、もっと深く知る必要がある。ナチスの時代を真っ黒に塗りつぶしてきた歴史観は、そろそろ修正されなければならないのではないか。

続きを読む

読書ノート

2021/4/22

楽しみながら学ぶベイズ統計

面白くて多様な事例を使って、ベイズ統計の基礎と活用法を解説する入門書である。本書をマスターすることで、不確実な事柄を数学でモデル化して、限られたデータの中でより良い選択を行えるようになる。

続きを読む

読書ノート

2021/4/28

仏教が好き!

根っからの仏教好きな二人による仏教の愛の対談。古色蒼然とした仏教イメージが一気に吹き飛ばされる。

続きを読む

読書ノート

2021/5/27

日本人のための第一次世界大戦史

ビスマルクは「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」と言った。歴史からエッセンスを抽出し、条件の異なる現代を正しく理解するということ。まず第一次世界大戦という基本的な史実を知らなければならない。

続きを読む

読書ノート

2021/5/20

ヒトラーとナチ・ドイツ

ヒトラーとナチ・ドイツは、21世紀を生きる我々が一度は見つめるべき歴史的事象に真摯に向き合うことで、現在・未来のための教訓をたくさん導き出すことのできる歴史である。

続きを読む

読書ノート

2021/6/6

物語創世

文字を読むことができる人は一読に値する本。聖書からハリー・ポッターまで、書字技術の発展と共にそれらがどう広まり、どのように宗教、政治、経済を歴史や人物そのものを変えていったのかを説いている。

続きを読む

読書ノート

2021/6/8

日本車は生き残れるか

本書は、欧米に比べて日本がいかにダメなのかを語るのが目的ではない。日本の自動車産業も一刻も早く、モノづくり以上の付加価値を生み出すことで、「日本経済の大黒柱」であり続けて欲しいと願っている良書である。

続きを読む

読書ノート

2021/8/21

完全教祖マニュアル

新興宗教の教祖になれば夢は全て叶う。本書を読むだけで遥かに有利なスタートを切れる。本書を信じ、本書の指針のままに行動してください。本書を信じるのです。本書を信じなさい。本書を信じれば救われます。

続きを読む

読書ノート

2021/9/20

13歳のきみと、戦国時代の「戦」の話をしよう。

“終わりの見えない戦乱の世”も、まさに先の見えない時代であった。そんな時代を生き抜いた武将たちのエピソードが、参考にならないわけがない。歴史は、失敗も成功もバズりも炎上も書いてある、生きた教科書である。

続きを読む

 

 

 

 

 

 

 

-Uncategorized

© 2023 Fukurogiブログ Powered by AFFINGER5