読書ノート

情熱プログラマー

普通にサラリーマンをしていると閉塞感を感じることがある。特に日本は閉塞感を感じることが多いと思う。ただぼんやりと座っているだけで1日が終わってしまう。

その閉塞感は、国が悪いわけではなく、マスコミが悪いわけではなく、教育が悪いわけはなく、社会が悪いわけでもない。閉塞感を感じるのは自分のせいだ。閉塞感は仕事や勉強を駆動する力にはならない。閉塞感がたくさんあったからといってお金にはならないし、明日のご飯にもならない。とにかく現実に直面することが大切だ。

情熱プログラマー ソフトウェア開発者の幸せな生き方は、読者がキャリアでどのように成功するかのアドバイスを提供し、情熱をどのように使うかについて正しく選択する上での助けになる。後ろ向きにぶつぶつと愚痴をこぼすのではなく、いかに前向きに精神的・技術的な成長を続けるかを記したエッセイ集となっている。

一番の下手くそでいよう

伝説のジャズギタリスト、Pat Methenyが若いミュージシャンたちにアドバイスするときの決り文句。「どんなバンドで演じるときも、一番下手なプレーヤーでいろ」

「第1章 市場を選ぶ」より

一番下手くそというのは、いつも自分より優れた人たちと一緒に演奏するという意味だ。これはどういう訳か自分が賢くなる結果になる。以前の自分より、難しい問題をますます創造的なソリューションで解決できるようになる。そして、その機会は与えられるものではなく、自分からつかむもの。そして、教えてもらえることを待つのではなく、自分から聞くのが絶対に良い。

親のいうことを聞くな

仕事に対する親の見方と一致しないと思われるキャリア選択要因はまだある。それは転職は悪いことじゃない(しかも、むしろ好ましいことが多い)という考え方だ。

「第1章 市場を選ぶ」より

最近の若い人はそこまで思い込んでいる人はいないと思うが、1つの会社で定年まで働くということは過去の話となっている。昔は献身的と見なされたが、今では「頭が固まった人」ということで不利に働く。

僕が採用する側だったとしたら、1つのやり方しか知らない人よりかは、色々な環境でたくさんの成功と失敗を経験してきた人を採用する。

師匠になる

本当の意味で何かを習得しようと思ったら、誰かに教えてみることをお勧めする。自分の理解をはっきした形にする一番いい方法は、自分の言葉を使って、ほかの人にもわかるように説明することだ。

「第2章 製品に投資する」より

情報を隠すことで自分の保身にはしっているか分からないけど、働いていると情報を隠す人が多い。そういう人は人に教えていないから何だかんだ理解していないし、弟子のような人もいない。

誰かと師弟関係にあるということは、互いに献身的な気持ちがあるということ。そういうネットワークは、難しい問題の解決策や仕事を探す時に大きな力となる。少なくとも僕は大きな力になって助けられた。

情熱プログラマー ソフトウェア開発者の幸せな生き方は、IT業界に身を置く人たちに読んでほしいが、それに限らずあらゆる職種から学生、主婦、その他の人たちにとっても何気なく過ごしている日頃の生活を違う色に見せ、1日1日を輝かしい時間に帰る力を持っている。

おすすめ記事

読書ノート

2021/4/13

なんでもわかるキリスト教大辞典

キリスト教の教えや特徴、独特の用語をキリスト教の内部にある複数の流れ、要は「教派」ごとに説明している。聖書や神学、教義、教会史、礼拝学、芸術、個人の伝記、信仰録など、キリスト教を知るための切り口は様々だけど、その中でも「教会」に焦点を当てている。図解も多くわかりやすい。

続きを読む

読書ノート

2021/3/31

政治のキホンが2時間で頭に入る

政治とは国会と内閣、裁判所について学ぶことである。この本は政治について「分かった!」という感覚を与えてくれる。

続きを読む

読書ノート

2021/4/14

医者が教えるサウナの教科書

「仕事ができる人はサウナが好きではなく、サウナが好きだから、仕事ができる」として、サウナへの愛を語っている。理由なしにこれを言うとただの洗脳だが、サウナが仕事のパフォーマンスを上げる医学的根拠をきちんと説明して、医学的に正しいサウナへの入り方(ととのい方)を紹介している。

続きを読む

読書ノート

2021/4/20

プロテスタンティズム

ルターが新しい宗派であるプロテスタントを生み出したという説明は事実に反する。ルター自身がプロテスタントという意識を持っていなかった。教会の改革や刷新を願ってはいたが、新しい宗派を創設する意志などなかった。ルターは、壊れた家を新しく立て直そうとしたのではなく、土台や大黒柱は残して、修繕が必要な部分を新しくしようとしたのである。

続きを読む

読書ノート

2021/4/21

ナチスの発明

野蛮で残虐な侵攻や迫害は世界のあらゆる国、あらゆる民族でも行われた。それが最も極端な形で現れたのがナチス(ヒトラー)である。人類は、ナチスが何を思い、何をやったのかを、もっと冷静に、もっと深く知る必要がある。ナチスの時代を真っ黒に塗りつぶしてきた歴史観は、そろそろ修正されなければならないのではないか。

続きを読む

読書ノート

2021/4/22

楽しみながら学ぶベイズ統計

面白くて多様な事例を使って、ベイズ統計の基礎と活用法を解説する入門書である。本書をマスターすることで、不確実な事柄を数学でモデル化して、限られたデータの中でより良い選択を行えるようになる。

続きを読む

読書ノート

2021/4/28

仏教が好き!

根っからの仏教好きな二人による仏教の愛の対談。古色蒼然とした仏教イメージが一気に吹き飛ばされる。

続きを読む

読書ノート

2021/5/27

日本人のための第一次世界大戦史

ビスマルクは「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」と言った。歴史からエッセンスを抽出し、条件の異なる現代を正しく理解するということ。まず第一次世界大戦という基本的な史実を知らなければならない。

続きを読む

読書ノート

2021/5/20

ヒトラーとナチ・ドイツ

ヒトラーとナチ・ドイツは、21世紀を生きる我々が一度は見つめるべき歴史的事象に真摯に向き合うことで、現在・未来のための教訓をたくさん導き出すことのできる歴史である。

続きを読む

読書ノート

2021/6/6

物語創世

文字を読むことができる人は一読に値する本。聖書からハリー・ポッターまで、書字技術の発展と共にそれらがどう広まり、どのように宗教、政治、経済を歴史や人物そのものを変えていったのかを説いている。

続きを読む

読書ノート

2021/6/8

日本車は生き残れるか

本書は、欧米に比べて日本がいかにダメなのかを語るのが目的ではない。日本の自動車産業も一刻も早く、モノづくり以上の付加価値を生み出すことで、「日本経済の大黒柱」であり続けて欲しいと願っている良書である。

続きを読む

読書ノート

2021/8/21

完全教祖マニュアル

新興宗教の教祖になれば夢は全て叶う。本書を読むだけで遥かに有利なスタートを切れる。本書を信じ、本書の指針のままに行動してください。本書を信じるのです。本書を信じなさい。本書を信じれば救われます。

続きを読む

読書ノート

2021/9/20

13歳のきみと、戦国時代の「戦」の話をしよう。

“終わりの見えない戦乱の世”も、まさに先の見えない時代であった。そんな時代を生き抜いた武将たちのエピソードが、参考にならないわけがない。歴史は、失敗も成功もバズりも炎上も書いてある、生きた教科書である。

続きを読む

 

 

 

 

 

 

 

-読書ノート

© 2023 Fukurogiブログ Powered by AFFINGER5