読書ノート

中国の歴史04 三国志の世界

日本人が普通に読んでいる「三国志」は羅貫中が書いた「三国志演義」のことである。三国志演義は蜀をヒーローに、魏を悪役に、呉を道化役にしたフィクションであり、孟獲の七縦七擒とか、フィクションがいたるところに散りば混られている。

「三国志」というのは、三世紀の歴史化である陳寿が書いた歴書であり、中国歴代の史実を綴ったいわゆる正史のひとつである。

中国の歴史04 三国志の世界で扱っている陳寿の三国志を使って三国志の世界を解説している。

三国志

三国志の世界に入る前の漢は、呂后から始まった外戚と、宦官、国境にした儒教にしたせいで誕生した清流(官僚)がいた。王様が権力を持っていた時は良かったけど、幼帝が10代続いた時に外戚と宦官、官僚によるドロドロとした権力争いが発生し、恐ろしく腐敗していく。

宦官が権力を握った時に「党錮の禁」という官僚を無実の罪で投獄する事件が発生した。こんな感じで腐敗していたので、民衆は疲弊していて、張角をリーダーに黄巾の乱が起こる。それを知った朝廷は外戚の何進を大将軍に任命して、反乱の平定を行うことにした。この時に15年続いた党錮の禁を解除した。黄巾の乱自体は、孫堅や袁紹、劉備によって平定された。劉備は三国志演義では関羽らと勇敢に戦っとされるが、史実では死んだふりして逃げ回っていた。反乱が収まったころ、袁紹が官僚を皆殺しにした。

曹操は宦官の孫で夏侯氏と親戚だったので、良い家の生まれで力を持っていた。孫堅は海賊退治で力を付け、南側で力を持っていた。劉備は何も逃げ回っていたので、力は持っていなかった。劉備は曹操のような血縁や孫堅のような地縁がなかったので、集団をまとめるためには漢王朝の復活、という大義しかなかった。

黄巾の乱は収まったけど、各地で反乱が発生した。これを押さえるために各地で力のある者が各地を治めたのが三国志に入る前の群雄割拠の時代に入っていく。

官渡の戦いの後、劉備は三顧の礼で諸葛亮と出会い、天下三分の計を実行する。天下三分の計は、呉と同盟を結んで魏を弱め、三国時代を作ろうとするもの。ということで赤壁の戦いが起こる。赤壁の戦いは、曹操軍の20万人と周瑜の3万人の戦いである。黄蓋の偽りの降伏と周瑜の火攻めによって曹操軍は大敗した。これによって曹操の南方進出の野望が立たれ、この直後、魯粛の進言により孫権が荊州を劉備に貸したことにより、諸葛亮が計画したように三国時代の基礎ができた。

赤壁の戦いの直後、呂蒙の策略により関羽が殺され、関羽の弔い合戦の準備中に張飛が部下に暗殺される。更に関羽の弔い合戦を無理矢理仕掛けた劉備は戦いの最中に病死する。

曹操もその直後病死した。曹丕が後を継いだ。

劉備亡き後は、諸葛亮が蜀をまとめ、北方征伐を目指したがことごとく失敗した。んで、2年間は戦争するために兵糧を溜め込み、満を持して北方征伐を目指す。これが五丈原の戦い。五丈原の戦いの最中に諸葛亮は病死する。

劉備と諸葛亮が死んだので、蜀をまとめる人がいなくて、蜀は権力争いで勝手に弱まっていき、劉禅が魏に降伏して蜀はあっけなく滅びる。その魏も司馬懿のクーデターで滅び晋が天下を取る。その後も晋が孫権がいなくなって勝手に弱まった呉を滅ぼして三国時代が終わる。

横山光輝の三国志などやゲームなどでは蜀に、蒼天航路などでは魏に焦点を当てて、呉に焦点を当てている作品は少ないが、中国の歴史04 三国志の世界は三国志の「キーマンはむしろ呉だ」ということで呉についてもしっかり記述している。

 

おすすめ記事

読書ノート

2021/4/13

なんでもわかるキリスト教大辞典

キリスト教の教えや特徴、独特の用語をキリスト教の内部にある複数の流れ、要は「教派」ごとに説明している。聖書や神学、教義、教会史、礼拝学、芸術、個人の伝記、信仰録など、キリスト教を知るための切り口は様々だけど、その中でも「教会」に焦点を当てている。図解も多くわかりやすい。

続きを読む

読書ノート

2021/3/31

政治のキホンが2時間で頭に入る

政治とは国会と内閣、裁判所について学ぶことである。この本は政治について「分かった!」という感覚を与えてくれる。

続きを読む

読書ノート

2021/4/14

医者が教えるサウナの教科書

「仕事ができる人はサウナが好きではなく、サウナが好きだから、仕事ができる」として、サウナへの愛を語っている。理由なしにこれを言うとただの洗脳だが、サウナが仕事のパフォーマンスを上げる医学的根拠をきちんと説明して、医学的に正しいサウナへの入り方(ととのい方)を紹介している。

続きを読む

読書ノート

2021/4/20

プロテスタンティズム

ルターが新しい宗派であるプロテスタントを生み出したという説明は事実に反する。ルター自身がプロテスタントという意識を持っていなかった。教会の改革や刷新を願ってはいたが、新しい宗派を創設する意志などなかった。ルターは、壊れた家を新しく立て直そうとしたのではなく、土台や大黒柱は残して、修繕が必要な部分を新しくしようとしたのである。

続きを読む

読書ノート

2021/4/21

ナチスの発明

野蛮で残虐な侵攻や迫害は世界のあらゆる国、あらゆる民族でも行われた。それが最も極端な形で現れたのがナチス(ヒトラー)である。人類は、ナチスが何を思い、何をやったのかを、もっと冷静に、もっと深く知る必要がある。ナチスの時代を真っ黒に塗りつぶしてきた歴史観は、そろそろ修正されなければならないのではないか。

続きを読む

読書ノート

2021/4/22

楽しみながら学ぶベイズ統計

面白くて多様な事例を使って、ベイズ統計の基礎と活用法を解説する入門書である。本書をマスターすることで、不確実な事柄を数学でモデル化して、限られたデータの中でより良い選択を行えるようになる。

続きを読む

読書ノート

2021/4/28

仏教が好き!

根っからの仏教好きな二人による仏教の愛の対談。古色蒼然とした仏教イメージが一気に吹き飛ばされる。

続きを読む

読書ノート

2021/5/27

日本人のための第一次世界大戦史

ビスマルクは「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」と言った。歴史からエッセンスを抽出し、条件の異なる現代を正しく理解するということ。まず第一次世界大戦という基本的な史実を知らなければならない。

続きを読む

読書ノート

2021/5/20

ヒトラーとナチ・ドイツ

ヒトラーとナチ・ドイツは、21世紀を生きる我々が一度は見つめるべき歴史的事象に真摯に向き合うことで、現在・未来のための教訓をたくさん導き出すことのできる歴史である。

続きを読む

読書ノート

2021/6/6

物語創世

文字を読むことができる人は一読に値する本。聖書からハリー・ポッターまで、書字技術の発展と共にそれらがどう広まり、どのように宗教、政治、経済を歴史や人物そのものを変えていったのかを説いている。

続きを読む

読書ノート

2021/6/8

日本車は生き残れるか

本書は、欧米に比べて日本がいかにダメなのかを語るのが目的ではない。日本の自動車産業も一刻も早く、モノづくり以上の付加価値を生み出すことで、「日本経済の大黒柱」であり続けて欲しいと願っている良書である。

続きを読む

読書ノート

2021/8/21

完全教祖マニュアル

新興宗教の教祖になれば夢は全て叶う。本書を読むだけで遥かに有利なスタートを切れる。本書を信じ、本書の指針のままに行動してください。本書を信じるのです。本書を信じなさい。本書を信じれば救われます。

続きを読む

読書ノート

2021/9/20

13歳のきみと、戦国時代の「戦」の話をしよう。

“終わりの見えない戦乱の世”も、まさに先の見えない時代であった。そんな時代を生き抜いた武将たちのエピソードが、参考にならないわけがない。歴史は、失敗も成功もバズりも炎上も書いてある、生きた教科書である。

続きを読む

 

 

 

 

 

 

 

-読書ノート
-,

© 2023 Fukurogiブログ Powered by AFFINGER5