読書ノート

武装SS

武装SS―ナチスもう一つの暴力装置 (講談社選書メチエ)は、武装親衛隊(SS)が第三帝国期に、組織としてどのような運動を展開し発展を遂げたのか、という問題を中心に据えている。ナチスの時代に特徴的な形で発生したこの組織について、歴史的にいかなる位置付けが可能なのか、またこの組織が世界史的にどのような役割を演じたと言えるのか、を検討している。

武装SSは、ナチ体制、とりわけ戦時体制の中で、伝統ある正規軍であるドイツ国防軍と並立して存在した。なぜ軍と並列して武装SSが存在できたのか、この疑問にも真正面から答えている。

レーム殺害

1934年7月1日、ミュンヘン郊外の刑務所に拘引されている突撃隊幕僚長レームのもとに3人の客が訪れた。彼らは親衛隊の将校で、リーダーはアイケという人物だった。当時ミュンヘン北西のダハウ強制収容所で所長を勤めていたアイケは、ヒトラーからレームを「処刑せよ」という命令を受けていた。まずピストルをレームに渡して自殺を勧め、レームが拒否すれば射殺せよ、という指令だった。

レームは、前日の6月30日の早朝にヒトラー自身に突然寝込みを襲われた。レームは、「反逆罪で貴様を逮捕する」と言うヒトラーが、なぜ自分を拘束して刑務所に繋いだのか分からなかった。

1933年1月30日のヒトラー政権掌握に際しては、ヒンデンブルク大統領によるヒトラーの首相指名がそもそもだが、突撃隊も選挙闘争にいおいてはナチス大衆運動の中核として重要な役割を演じていた。権力掌握後も、左翼政党・労働組合の解体、各地方政権・社会諸団体の強制的同質化(=ナチ化)を進めていくうえで、突撃隊はなくてはならない存在だった。

しかし、ヒトラーの権力掌握が終了しても「ナチ革命は終わっていない」と更に第三帝国での新しい役割を要求した。とりわけ国防軍に代わる新国民軍としての地位要求をヒトラーに対して突きつけた。だがレームと突撃隊は袋小路に迷い込んだ。第一次世界大戦後の再軍備政策では軍を最優先する以外考えられなかったヒトラーは、レームや突撃隊幹部の粛清を決意させることになった。

レームら突撃隊幹部を粛清した「レーム事件」は、アイケのキャリアのターニングポイントになった。レーム殺害4日後に、アイケは全国強制収容所総監に任命された。さらに、アイケは親衛隊武装組織の司令官にも任命された。これは、強制収容所監視を任務としながら武器の訓練を行うのが任務である。

武装親衛隊の起源

親衛隊(SS)の組織的起源そのものは、突撃隊同様1923年のミュンヘン一揆以前に遡ることができる。ナチ党突撃隊は、1921年に志願者から形成された、ナチ党の闘争・防衛部隊で、権力獲得を目指す大衆運動組織になっていった。

その中から、ヒトラーのボディーガードかつナチ党の集会防衛組織として、親衛隊が発足した。ヒムラーが親衛隊の全国指導者に就任してから、自らをエリート組織として突撃隊と区別し、独自の組織系を発展させた。1932年には、指導・管理・人事を担うSS局(後の主管本部)と情報組織としての保安局(後の保安本部)、人種純化・農民植民計画・親衛隊血縁共同体育成等を担当する人種・植民局(後の人種・植民本部)ができあがる。その後、12の本部を備えた巨大機構に発展した。

ヒムラーは、SSを「能力ある、大柄の、人種的に優れた、しかもできるかぎり完全な若い力」から構成するようにした。身長は最低170cm、年齢は30歳まで、身体適格を明示した医療証明が必要とされた。ヒトラーの政権掌握後は、入隊希望者が異常に増えた。そこでこの必要条件はより厳しいものになった。例えば、特務部隊の場合には、身長は最低174cm、年齢は23歳まで、眼鏡はNGにした。知的・環境的選抜基準より、人種的・肉体的・性格的メルクマールを優先させた。

正式に登場した武装親衛隊

1939年5月、春期演習で特務部隊「ドイチュラント」がお披露目された。彼らは、軍が普通使っていたカービン銃に代えて、小機関銃と手榴弾、爆裂弾を携帯していた。また、接近戦向けに鍛えられ、軍事的チームワークと呼ばれる小部隊の共同作戦を十分習得していた。彼らは法外なスピードによる強襲ぶりを見せつけた。

1939年5月18日、特務部隊に対して、師団編成の指令がヒトラーから発せられた。この師団に対しては、2万人を上限とされた。どくろ部隊に対しては同様に1.4万人、増強警察部隊には2.5万人を上限とされた。これにより武装SSは、軍事組織としての正式認知・師団化を勝ち取った。

そして、1939年9月に始まった対戦が第三帝国にとって意想外に長期化したことが、結果的には親衛隊に対して、その軍事的翼拡張の新たな可能性を与えた。

日本ではゲームや漫画の影響もあり、武装SSに関心を持つ人も多い。にもかかわらず、武装親衛隊の「神話」や「虚像」を穿つ試みは武装SS―ナチスもう一つの暴力装置 (講談社選書メチエ)までは皆無に等しかった。筆者は、こうした状況に一石を投じ、これまでは十分に検討されてこなかった問題の解明に役立っている一冊である。

武装SSは、どのようにドイツ国防軍から自らを差異化し、どこに自らの正当性を見出し、いかにして自律性を獲得していったのだろうか。以上の様な問題にも言及している。

ヒトラーとナチ・ドイツ

ヒトラーとナチ・ドイツは、21世紀を生きる我々が一度は見つめるべき歴史的事象に真摯に向き合うことで、現在・未来のための教訓をたくさん導き出すことのできる歴史である。

続きを見る

おすすめ記事

読書ノート

2021/4/13

なんでもわかるキリスト教大辞典

キリスト教の教えや特徴、独特の用語をキリスト教の内部にある複数の流れ、要は「教派」ごとに説明している。聖書や神学、教義、教会史、礼拝学、芸術、個人の伝記、信仰録など、キリスト教を知るための切り口は様々だけど、その中でも「教会」に焦点を当てている。図解も多くわかりやすい。

続きを読む

読書ノート

2021/3/31

政治のキホンが2時間で頭に入る

政治とは国会と内閣、裁判所について学ぶことである。この本は政治について「分かった!」という感覚を与えてくれる。

続きを読む

読書ノート

2021/4/14

医者が教えるサウナの教科書

「仕事ができる人はサウナが好きではなく、サウナが好きだから、仕事ができる」として、サウナへの愛を語っている。理由なしにこれを言うとただの洗脳だが、サウナが仕事のパフォーマンスを上げる医学的根拠をきちんと説明して、医学的に正しいサウナへの入り方(ととのい方)を紹介している。

続きを読む

読書ノート

2021/4/20

プロテスタンティズム

ルターが新しい宗派であるプロテスタントを生み出したという説明は事実に反する。ルター自身がプロテスタントという意識を持っていなかった。教会の改革や刷新を願ってはいたが、新しい宗派を創設する意志などなかった。ルターは、壊れた家を新しく立て直そうとしたのではなく、土台や大黒柱は残して、修繕が必要な部分を新しくしようとしたのである。

続きを読む

読書ノート

2021/4/21

ナチスの発明

野蛮で残虐な侵攻や迫害は世界のあらゆる国、あらゆる民族でも行われた。それが最も極端な形で現れたのがナチス(ヒトラー)である。人類は、ナチスが何を思い、何をやったのかを、もっと冷静に、もっと深く知る必要がある。ナチスの時代を真っ黒に塗りつぶしてきた歴史観は、そろそろ修正されなければならないのではないか。

続きを読む

読書ノート

2021/4/22

楽しみながら学ぶベイズ統計

面白くて多様な事例を使って、ベイズ統計の基礎と活用法を解説する入門書である。本書をマスターすることで、不確実な事柄を数学でモデル化して、限られたデータの中でより良い選択を行えるようになる。

続きを読む

読書ノート

2021/4/28

仏教が好き!

根っからの仏教好きな二人による仏教の愛の対談。古色蒼然とした仏教イメージが一気に吹き飛ばされる。

続きを読む

読書ノート

2021/5/27

日本人のための第一次世界大戦史

ビスマルクは「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」と言った。歴史からエッセンスを抽出し、条件の異なる現代を正しく理解するということ。まず第一次世界大戦という基本的な史実を知らなければならない。

続きを読む

読書ノート

2021/5/20

ヒトラーとナチ・ドイツ

ヒトラーとナチ・ドイツは、21世紀を生きる我々が一度は見つめるべき歴史的事象に真摯に向き合うことで、現在・未来のための教訓をたくさん導き出すことのできる歴史である。

続きを読む

読書ノート

2021/6/6

物語創世

文字を読むことができる人は一読に値する本。聖書からハリー・ポッターまで、書字技術の発展と共にそれらがどう広まり、どのように宗教、政治、経済を歴史や人物そのものを変えていったのかを説いている。

続きを読む

読書ノート

2021/6/8

日本車は生き残れるか

本書は、欧米に比べて日本がいかにダメなのかを語るのが目的ではない。日本の自動車産業も一刻も早く、モノづくり以上の付加価値を生み出すことで、「日本経済の大黒柱」であり続けて欲しいと願っている良書である。

続きを読む

読書ノート

2021/8/21

完全教祖マニュアル

新興宗教の教祖になれば夢は全て叶う。本書を読むだけで遥かに有利なスタートを切れる。本書を信じ、本書の指針のままに行動してください。本書を信じるのです。本書を信じなさい。本書を信じれば救われます。

続きを読む

読書ノート

2021/9/20

13歳のきみと、戦国時代の「戦」の話をしよう。

“終わりの見えない戦乱の世”も、まさに先の見えない時代であった。そんな時代を生き抜いた武将たちのエピソードが、参考にならないわけがない。歴史は、失敗も成功もバズりも炎上も書いてある、生きた教科書である。

続きを読む

 

 

 

 

 

 

 

-読書ノート
-, ,

© 2023 Fukurogiブログ Powered by AFFINGER5