読書ノート

レーニン論

レーニン論の著者ルカーチは、ハンガリーの哲学者。1919年のハンガリー革命の崩壊後にウィーンに亡命し、プロレタリアートの階級的主体性を哲学的に基礎づける最初を切り開いた人物である。

レーニン論は、ルカーチがマルクス主義の立場に移行した初期の作品である。ほぼ最初ということもあり、情熱を持って新たな理論の探求へ入っていった一つの成果であると同時に、欠陥でもある。

史的唯物論はプロレタリアート革命の理論である。なぜなら、その本質は、プロレタリアートを生み出し、プロレタリアートの全存在を規定している。かの社会的存在の思推による総合だからであり、またなぜなら、解放をめざして苦闘するプロレタリアートがその明確な自己意識を史的唯物論に見出すからである。

本書の基調は、この命題を、レーニンがマルクスの継承者として、「革命の現実性」の時代である帝国主義段階において、どのように発展させたか、また、それを発展させる契機はなんであったかを、ルカーチ流の「弁証法」によって解明しようとした点にある。

* * *

「ブルジョア革命」=「民主主義」という概念が、現在においてもほとんど疑問視されることなく、歴史学を含めた社会科学において使われているのであるが、こうした概念には、「資本主義の発展と民主主義の発展」は「必然的に結びつく」という、一種の歴史館がひそんでいるのである。ルカーチは、こうした史観にたいして、レーニンに即しつつ、それが「図式的で機械的な「論証」で「完全な幻想である」ことを、イデオロギー的にではあるが、明らかにしている。

* * *

資本主義の発展は、プロレタリア革命を現実問題にした。革命の切迫を見てとったのはレーニンひとりではなかった。だが彼は、自分たち自身が理論的に、現実に予言したプロレタリア革命が実践的-現実的になったとたんに秘境にも逃げ出してしまった人々と、勇気、専心、犠牲において異なるだけでなく、また同時に彼の同時代人のなかの最良の、最も思慮ある、最も献身的な革命家たちと理論的明晰さにおいても異なるのである。なぜなら、これらの人たちですら、プロレタリア革命の現実性を認識したのは、この現実性がマルクスの時代に彼らに認識しうるような方法で、すなわち時代全体の根本問題としてにすぎなかったからである。だが彼らは、こうした彼らの――世界史敵見通しからの、だが世界史的なものにすぎない――正しい認識を現実問題全体の、政治的経済的、理論的戦術的、扇動的組織的問題の確固とした方針にすることができなかった。いまでは完全に実践的になったマルクス主義を具体化するための、こうした措置を遂行したのは、レーニンただひとりであった。だから、彼が――世界史的意味で――プロレタリアートの解放闘争が現在までに生み出した、マルクスに匹敵する唯一の理論化である。

本書の中でも理解しやすい段落を持ってきたけど、上記の文章を読んで「素晴らしい」と思う人はこの世にいるのだろうか。僕には何を言いたいか本当に分からない。何回も読み返せば分からんこともないが、この文書はクソ。

クソだと思ったので著者も訳者も調べてないけど、訳者の東大教授はあとがきでルカーチは素晴らしい人物と書いているので、世間的には評価されているんだろう。ただ、こんなクソな文章が評価されているとしたら、現代の「哲学」分野にはゴミしかいない。こんな文章を読んで書かされる学部/学科に学費を払って勉強したら時間と金を無駄にして人生台無しになる。大学で哲学系の分野に進まなくて正解だったと思わさせてもらえた一冊だった。

おすすめ記事

読書ノート

2021/4/13

なんでもわかるキリスト教大辞典

キリスト教の教えや特徴、独特の用語をキリスト教の内部にある複数の流れ、要は「教派」ごとに説明している。聖書や神学、教義、教会史、礼拝学、芸術、個人の伝記、信仰録など、キリスト教を知るための切り口は様々だけど、その中でも「教会」に焦点を当てている。図解も多くわかりやすい。

続きを読む

読書ノート

2021/3/31

政治のキホンが2時間で頭に入る

政治とは国会と内閣、裁判所について学ぶことである。この本は政治について「分かった!」という感覚を与えてくれる。

続きを読む

読書ノート

2021/4/14

医者が教えるサウナの教科書

「仕事ができる人はサウナが好きではなく、サウナが好きだから、仕事ができる」として、サウナへの愛を語っている。理由なしにこれを言うとただの洗脳だが、サウナが仕事のパフォーマンスを上げる医学的根拠をきちんと説明して、医学的に正しいサウナへの入り方(ととのい方)を紹介している。

続きを読む

読書ノート

2021/4/20

プロテスタンティズム

ルターが新しい宗派であるプロテスタントを生み出したという説明は事実に反する。ルター自身がプロテスタントという意識を持っていなかった。教会の改革や刷新を願ってはいたが、新しい宗派を創設する意志などなかった。ルターは、壊れた家を新しく立て直そうとしたのではなく、土台や大黒柱は残して、修繕が必要な部分を新しくしようとしたのである。

続きを読む

読書ノート

2021/4/21

ナチスの発明

野蛮で残虐な侵攻や迫害は世界のあらゆる国、あらゆる民族でも行われた。それが最も極端な形で現れたのがナチス(ヒトラー)である。人類は、ナチスが何を思い、何をやったのかを、もっと冷静に、もっと深く知る必要がある。ナチスの時代を真っ黒に塗りつぶしてきた歴史観は、そろそろ修正されなければならないのではないか。

続きを読む

読書ノート

2021/4/22

楽しみながら学ぶベイズ統計

面白くて多様な事例を使って、ベイズ統計の基礎と活用法を解説する入門書である。本書をマスターすることで、不確実な事柄を数学でモデル化して、限られたデータの中でより良い選択を行えるようになる。

続きを読む

読書ノート

2021/4/28

仏教が好き!

根っからの仏教好きな二人による仏教の愛の対談。古色蒼然とした仏教イメージが一気に吹き飛ばされる。

続きを読む

読書ノート

2021/5/27

日本人のための第一次世界大戦史

ビスマルクは「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」と言った。歴史からエッセンスを抽出し、条件の異なる現代を正しく理解するということ。まず第一次世界大戦という基本的な史実を知らなければならない。

続きを読む

読書ノート

2021/5/20

ヒトラーとナチ・ドイツ

ヒトラーとナチ・ドイツは、21世紀を生きる我々が一度は見つめるべき歴史的事象に真摯に向き合うことで、現在・未来のための教訓をたくさん導き出すことのできる歴史である。

続きを読む

読書ノート

2021/6/6

物語創世

文字を読むことができる人は一読に値する本。聖書からハリー・ポッターまで、書字技術の発展と共にそれらがどう広まり、どのように宗教、政治、経済を歴史や人物そのものを変えていったのかを説いている。

続きを読む

読書ノート

2021/6/8

日本車は生き残れるか

本書は、欧米に比べて日本がいかにダメなのかを語るのが目的ではない。日本の自動車産業も一刻も早く、モノづくり以上の付加価値を生み出すことで、「日本経済の大黒柱」であり続けて欲しいと願っている良書である。

続きを読む

読書ノート

2021/8/21

完全教祖マニュアル

新興宗教の教祖になれば夢は全て叶う。本書を読むだけで遥かに有利なスタートを切れる。本書を信じ、本書の指針のままに行動してください。本書を信じるのです。本書を信じなさい。本書を信じれば救われます。

続きを読む

読書ノート

2021/9/20

13歳のきみと、戦国時代の「戦」の話をしよう。

“終わりの見えない戦乱の世”も、まさに先の見えない時代であった。そんな時代を生き抜いた武将たちのエピソードが、参考にならないわけがない。歴史は、失敗も成功もバズりも炎上も書いてある、生きた教科書である。

続きを読む

 

 

 

 

 

 

 

-読書ノート
-,

© 2023 Fukurogiブログ Powered by AFFINGER5