読書ノート

人生を変える速読法「GSR」

安倍晋三やビル・ゲイツ、僕だって同じ人間なので1日は24時間しかない。その限られた時間の中でビジネス書を読んだりしないといけないけど、他にも趣味の読書や友達との飲み会、もちろん仕事だってしないといけない。世の中には「読みたい本はたくさんあるけど、忙しくて読めない」状態の人は多いと思う。

人生を変える速読法「GSR」は、ジェネラティブ・スピード・リーディング(GSR)という手法を身につけることで、300ページある本を目的に合わせて10〜30分で読める、というもの。実践もしてみたけど、僕は普通に読むでいいかな。

ジェネラティブ・スピード・リーディング(GSR)

  1. 基本姿勢を取り、静まりを感じる
    椅子に座り、背筋を軽く伸し、手は太ももの上。腕は組まずに、目を閉じ、肩の力を抜き、深呼吸してリラックスする。自分自身の注意が内側に向くのを感じ、静まりを感じる。その後、思考から呼吸に意識をシフトし、垂直軸を通して呼吸して、ポジティブな記憶をイメージし、中心を感じる。こうして「ジェネラティブ」状態に入る。
  2. 理解したい情報を手に入れるセンサーを設定する
    本を開く前に「この本から何を得たいか?」を明確にする。史記を読んでみたいなと思ったらどうするんだろう...。
  3. 「速読脳」にアップデートする
    「読書と言えば音読である」とか「1文字ずつ読まなければならない」とか「全て理解しないといけない」といった古い考えを手放し、自分の処理速度を上げる。
  4. 本を読み始める
    まず、プロローグと著者プロフィールを見て、あとは本当にパラパラとめくりながら、目についたところを覚える。そして、目についたところだけを10〜30分かけて読む。
  5. 五感を使ったアウトプットをする
    読んだ後は、友達に共有したり、ノートに書いたり、テキストファイルにまとめたりして学んだことをアウトプットする。こうすることで知識が定着する。この部分だけは良いと思う。

自分が欲しい情報がない、興味がない、と判断した場合は読むことをやめるてください

本書で一文だけ良いことが書いてあったけど、上の文章がそれ。一生懸命働いたお金から1,000〜2,000円を貯金して本を買ったんだから、多少面白くなくても最後まで読まないと損をしたと思う、と感じる気持ちは本当に理解できる。しかし、もっと面白い本や役に立つ本はたくさんあるのに、クソみたいな文章で書かれた本に時間を割くのは人生を損していると思う。

もし、クソな本にあたって「マジで読めない」と感じたら思い切って本を読まない、と判断する勇気を持って欲しい。

いつも3時間くらいかけて読んでいた本が30分で読めると人生特することしかないが、本書ははっきり言って胡散臭い。途中謎の占いとかあって面白かったけど。。

実践してみたけど、GSRでは「本を読んだ」とは言えないかな。これなら3時間ほど時間を作って本を全部読む方が良いと思う。

確かに、目次を見てアタリをつけて本を読んでいる人はいるけど、それは、読む本の分野のスペシャリストで、相当な知識を持っている人がやっている。変にこれを鵜呑みにして、会計の知識がないのに会計の本をとかをGSRで読むのは後々恥をかくことになると思う。

あらゆる分野で知識不足の僕には向いていないと思ったし、そして何よりこの本は胡散臭すぎる。

おすすめ記事

読書ノート

2021/4/13

なんでもわかるキリスト教大辞典

キリスト教の教えや特徴、独特の用語をキリスト教の内部にある複数の流れ、要は「教派」ごとに説明している。聖書や神学、教義、教会史、礼拝学、芸術、個人の伝記、信仰録など、キリスト教を知るための切り口は様々だけど、その中でも「教会」に焦点を当てている。図解も多くわかりやすい。

続きを読む

読書ノート

2021/3/31

政治のキホンが2時間で頭に入る

政治とは国会と内閣、裁判所について学ぶことである。この本は政治について「分かった!」という感覚を与えてくれる。

続きを読む

読書ノート

2021/4/14

医者が教えるサウナの教科書

「仕事ができる人はサウナが好きではなく、サウナが好きだから、仕事ができる」として、サウナへの愛を語っている。理由なしにこれを言うとただの洗脳だが、サウナが仕事のパフォーマンスを上げる医学的根拠をきちんと説明して、医学的に正しいサウナへの入り方(ととのい方)を紹介している。

続きを読む

読書ノート

2021/4/20

プロテスタンティズム

ルターが新しい宗派であるプロテスタントを生み出したという説明は事実に反する。ルター自身がプロテスタントという意識を持っていなかった。教会の改革や刷新を願ってはいたが、新しい宗派を創設する意志などなかった。ルターは、壊れた家を新しく立て直そうとしたのではなく、土台や大黒柱は残して、修繕が必要な部分を新しくしようとしたのである。

続きを読む

読書ノート

2021/4/21

ナチスの発明

野蛮で残虐な侵攻や迫害は世界のあらゆる国、あらゆる民族でも行われた。それが最も極端な形で現れたのがナチス(ヒトラー)である。人類は、ナチスが何を思い、何をやったのかを、もっと冷静に、もっと深く知る必要がある。ナチスの時代を真っ黒に塗りつぶしてきた歴史観は、そろそろ修正されなければならないのではないか。

続きを読む

読書ノート

2021/4/22

楽しみながら学ぶベイズ統計

面白くて多様な事例を使って、ベイズ統計の基礎と活用法を解説する入門書である。本書をマスターすることで、不確実な事柄を数学でモデル化して、限られたデータの中でより良い選択を行えるようになる。

続きを読む

読書ノート

2021/4/28

仏教が好き!

根っからの仏教好きな二人による仏教の愛の対談。古色蒼然とした仏教イメージが一気に吹き飛ばされる。

続きを読む

読書ノート

2021/5/27

日本人のための第一次世界大戦史

ビスマルクは「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」と言った。歴史からエッセンスを抽出し、条件の異なる現代を正しく理解するということ。まず第一次世界大戦という基本的な史実を知らなければならない。

続きを読む

読書ノート

2021/5/20

ヒトラーとナチ・ドイツ

ヒトラーとナチ・ドイツは、21世紀を生きる我々が一度は見つめるべき歴史的事象に真摯に向き合うことで、現在・未来のための教訓をたくさん導き出すことのできる歴史である。

続きを読む

読書ノート

2021/6/6

物語創世

文字を読むことができる人は一読に値する本。聖書からハリー・ポッターまで、書字技術の発展と共にそれらがどう広まり、どのように宗教、政治、経済を歴史や人物そのものを変えていったのかを説いている。

続きを読む

読書ノート

2021/6/8

日本車は生き残れるか

本書は、欧米に比べて日本がいかにダメなのかを語るのが目的ではない。日本の自動車産業も一刻も早く、モノづくり以上の付加価値を生み出すことで、「日本経済の大黒柱」であり続けて欲しいと願っている良書である。

続きを読む

読書ノート

2021/8/21

完全教祖マニュアル

新興宗教の教祖になれば夢は全て叶う。本書を読むだけで遥かに有利なスタートを切れる。本書を信じ、本書の指針のままに行動してください。本書を信じるのです。本書を信じなさい。本書を信じれば救われます。

続きを読む

読書ノート

2021/9/20

13歳のきみと、戦国時代の「戦」の話をしよう。

“終わりの見えない戦乱の世”も、まさに先の見えない時代であった。そんな時代を生き抜いた武将たちのエピソードが、参考にならないわけがない。歴史は、失敗も成功もバズりも炎上も書いてある、生きた教科書である。

続きを読む

 

 

 

 

 

 

 

-読書ノート

© 2023 Fukurogiブログ Powered by AFFINGER5