読書ノート

会計×戦略思考

「会計が分からなければ真の経営者になれない」と稲盛和夫が言っていた。しかし、会計に対して「会計用語の暗記」とか「会計ルールの記憶」、「細かな決算処理」というイメージを持って、そのせいで会計に嫌悪感や苦手意識を持ってしまう人が多いと思う。

しかし、会計の数値は企業活動の結果を表すものなので、会計の数値を見れば、企業活動をある程度類推することはできる。逆に、企業活動を紐解くことで、その企業の会計数値の構造をある程度類推することもできる。この両者の往復を抵抗なくできる人ほど、会計を実に有益なツールとして活用できている。

ビジネススクールで身につける 会計×戦略思考 (日本経済新聞出版)は、この両者の往復をどうすればスムーズにできるかを解き明かしている良書である。

そこから何が言えるのか?を考える

会計力と戦略思考力は一心同体であり、常に両者を行き来しながら読み解いていくことが大事である。そして、その時に重要になるのが、「Why?」である。なぜ?を突き詰めた先には、本質的な原因が待ち受けている。5回の「なぜ?」を繰り返すことによって、本質的な問題解決につながる。

例えば、販管費が協合と比較して多いことに問題意識を持った会社であったとすれば、下記のような「なぜ?」を問いかけながら問答を展開すれば良い。

  • なぜ、販管費が多いのか?
    ⇒ 広告宣伝費が多いからだ
  • なぜ、広告宣伝費が多いのか?
    ⇒ 一般消費者が相手であり、CMで顧客への訴求が必要だからだ
  • なぜ、CMが顧客への訴求に繋がるのか
    ⇒ 自社の顧客データは老若男女のマス市場である。ちらしやDMより、CMがより多くの顧客に効率よく伝えられるからだ
  • なぜ、顧客に伝え続けることが必要なのか?
    ⇒ 自社の商品は機能に優れたものであるが、市場には低価格な類似品が溢れてきている。著名芸能人が身につけている姿をCMで露出することで、ブランドを確立し、品質の良さを伝え続けることが重要だからだ
  • なぜ、CMだけが、ブランドを確立し、品質の良さを伝え続ける手段なのか?
    ⇒ 実は、SNSやECサイトに消費者が費やす時間がシフトしている中、顧客ロイヤリティを高めるための施策も、SNSやECサイトに数年前からシフトしている。CMといった一瞬の情報ではなく、SNSでは持続的な関係性を構築でき、自社の優位性である機能はむしろ伝えやすい。自社でも、広告宣伝費の効果的な再配分で総額は微減傾向にある中、さらなる売上成長に結びつることに成功している

「So What?(だから何?)」の問いかけは、解明された原因から経営の意味合いを導き出す。ビジネスマンに問われているのは、原因を解明し、意味合いを捉えた上で、問題解決へと繋げることである。

会計用語の記憶に決別する

損益計算書に書かれている用語を記憶するのはかなりシンドイ。なぜしんどいかと言うと、覚えること自体が目的化していて、何のために覚えたいのか、覚えたことで何の分析をしたり、何を知りたいかが明らかでないからである。

会計用語やその使い方も経験から学ぶものである。頭だけで覚えようとしても簡単には自分のもにはならない。頭に入ったとしても、すぐに抜けていく。

損益計算書(PL)はマトリクスで読む

損益計算書(PL)は、「本業or本業でないか」と、「経常的な活動or今年限りの活動か」によってマトリクス構造に分解することができる。全ては「売上高」から始まり、「売上原価」と「販売日及び一般管理費(販管費)」を引いた「営業利益」までが、「本業」であり「経常的な活動」となる。この売上高から営業利益までが会社にとって最も根幹となり、企業の存在意義そのものとなる。ここでいう本業とは、定款に自社の事業として定めているか否かによる。本業の変更は、株主総会で変更したりする。

「本業ではない」が「経常的な活動」が次。そうした活動から入ってくるものが「営業外収益」、出ていくものが「営業外費用」である。具体的には、銀行にお金を預けたことから発生する受取利息などである。

さて残りは「特別な活動」となる。本業であるかどうかは関係なくて、特別な活動、つまり今年限りの臨時的・偶発的なものと判断されれば「特別な活動」となる。特別な活動で得た利益は「特別利益」、損失は「特別損失」となる。例えば、ある企業が所有している工場を売ったとする。工場事態は本業を行うためのものだが、工場を売却するという行為は特別な活動となる。売却の結果、帳簿上の金額より高く売れたらその差額が特別利益、安くしか売れなかったら特別損失となる。また、東日本大震災で破損した物などは特別損失になる。

売上から始まり、ここまで足し算と引き算をした結果は、税金を引く前の純粋な利益となるので、「税引前当期純利益」と呼ばれる。税金を差し引けば、もう引くものはない。当期の純粋な利益だから、これを当期純利益と呼ぶ。悲しくも赤字であれば、当期純損失となる。

貸借対照表(BS)

損益計算書(PL)は、1年間の企業活動における「入」と「出」を順番に並べたものであるのに対し、貸借対照表(BS)は、ある日のお金の入りどころの明細、そのお金の投資・運用状態を記しているものである。お金の入りどころの明細はBSの右側に、そのお金の投資・運用状態はBSの左側に記載される。また、左右の意味合いは違うが、左右それぞれの合計金額は必ず一致する。貸借対照表は英語でバランスシートという。

BSの左側は「総資産」と呼び、「流動資産」と「固定資産」から成る。BSの右側は「負債」と「純資産」から成る。1年超以上動かないものは「固定」、1年以内に満期がくるものは「流動」と呼ぶ。たとえば、企業が保有する他社の債券でも、1年以内に満期がくるものは「有価証券」として流動資産に計上される。1年超満期の来ないものは「投資有価証券」として固定資産に計上される。

PLを読む時もそうだが、BSを読む時も「仮設を立ててから読む」ことが大事になる。ある企業の分析をする以上、その企業に対して少しは知識を持っているはずである。それらを言葉にして、それがどのように決済書に現れているかを考えることから始める。

例えば、「この業界は典型的な装置産業だから、有形固定資産、中でも建物と機械が多いはず。売上の半分くらいの金額が出てくるのではないか」とか、「あの会社は最近同業他社への多額の出資を行ったので、きっと投資有価証券の額が500億円程度増えているだろう」とか、「最近業績好調で2桁成長が続く会社だから、きっと売掛金や在庫も一気に2桁成長しているに違いない」とか、仮設を置いてからBSを読むのが大事である。

そして何より大事なのは、仮説を立てる際には、間違いを恐れないことである。仮設が間違っていても死にはしないし、間違ってたらまた考えれば良い。間違いを恐れず、論理的思考力を啓発する質問を問い続けることが大切なのである。

個人的にだけど会計に関わらない人生を送ってきたので全く知らなかったが、働き始めるとみんなが知っていてた驚いた。会計の勉強もしないといけないのは知っていたけど、他にも勉強しないといけないことが多すぎたのと、興味なかったので逃げる人生を送ってきた。さすがに逃げれなくなったので手にとったが、本書を読んでいるだけでビジネススクールで学んでいるかのような臨場感があって、僕みたいな無知な人間には良書だった。

詳しくはビジネススクールで身につける 会計×戦略思考 (日本経済新聞出版)で述べられているが、「会計と戦略を融合して考えること」、「ロジカルに数値を捉え、仮設思考を貫こくこと」は、時代の変化がどんなに起きようと決して変わることのない大切なアプローチである。

おすすめ記事

読書ノート

2021/4/13

なんでもわかるキリスト教大辞典

キリスト教の教えや特徴、独特の用語をキリスト教の内部にある複数の流れ、要は「教派」ごとに説明している。聖書や神学、教義、教会史、礼拝学、芸術、個人の伝記、信仰録など、キリスト教を知るための切り口は様々だけど、その中でも「教会」に焦点を当てている。図解も多くわかりやすい。

続きを読む

読書ノート

2021/3/31

政治のキホンが2時間で頭に入る

政治とは国会と内閣、裁判所について学ぶことである。この本は政治について「分かった!」という感覚を与えてくれる。

続きを読む

読書ノート

2021/4/14

医者が教えるサウナの教科書

「仕事ができる人はサウナが好きではなく、サウナが好きだから、仕事ができる」として、サウナへの愛を語っている。理由なしにこれを言うとただの洗脳だが、サウナが仕事のパフォーマンスを上げる医学的根拠をきちんと説明して、医学的に正しいサウナへの入り方(ととのい方)を紹介している。

続きを読む

読書ノート

2021/4/20

プロテスタンティズム

ルターが新しい宗派であるプロテスタントを生み出したという説明は事実に反する。ルター自身がプロテスタントという意識を持っていなかった。教会の改革や刷新を願ってはいたが、新しい宗派を創設する意志などなかった。ルターは、壊れた家を新しく立て直そうとしたのではなく、土台や大黒柱は残して、修繕が必要な部分を新しくしようとしたのである。

続きを読む

読書ノート

2021/4/21

ナチスの発明

野蛮で残虐な侵攻や迫害は世界のあらゆる国、あらゆる民族でも行われた。それが最も極端な形で現れたのがナチス(ヒトラー)である。人類は、ナチスが何を思い、何をやったのかを、もっと冷静に、もっと深く知る必要がある。ナチスの時代を真っ黒に塗りつぶしてきた歴史観は、そろそろ修正されなければならないのではないか。

続きを読む

読書ノート

2021/4/22

楽しみながら学ぶベイズ統計

面白くて多様な事例を使って、ベイズ統計の基礎と活用法を解説する入門書である。本書をマスターすることで、不確実な事柄を数学でモデル化して、限られたデータの中でより良い選択を行えるようになる。

続きを読む

読書ノート

2021/4/28

仏教が好き!

根っからの仏教好きな二人による仏教の愛の対談。古色蒼然とした仏教イメージが一気に吹き飛ばされる。

続きを読む

読書ノート

2021/5/27

日本人のための第一次世界大戦史

ビスマルクは「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」と言った。歴史からエッセンスを抽出し、条件の異なる現代を正しく理解するということ。まず第一次世界大戦という基本的な史実を知らなければならない。

続きを読む

読書ノート

2021/5/20

ヒトラーとナチ・ドイツ

ヒトラーとナチ・ドイツは、21世紀を生きる我々が一度は見つめるべき歴史的事象に真摯に向き合うことで、現在・未来のための教訓をたくさん導き出すことのできる歴史である。

続きを読む

読書ノート

2021/6/6

物語創世

文字を読むことができる人は一読に値する本。聖書からハリー・ポッターまで、書字技術の発展と共にそれらがどう広まり、どのように宗教、政治、経済を歴史や人物そのものを変えていったのかを説いている。

続きを読む

読書ノート

2021/6/8

日本車は生き残れるか

本書は、欧米に比べて日本がいかにダメなのかを語るのが目的ではない。日本の自動車産業も一刻も早く、モノづくり以上の付加価値を生み出すことで、「日本経済の大黒柱」であり続けて欲しいと願っている良書である。

続きを読む

読書ノート

2021/8/21

完全教祖マニュアル

新興宗教の教祖になれば夢は全て叶う。本書を読むだけで遥かに有利なスタートを切れる。本書を信じ、本書の指針のままに行動してください。本書を信じるのです。本書を信じなさい。本書を信じれば救われます。

続きを読む

読書ノート

2021/9/20

13歳のきみと、戦国時代の「戦」の話をしよう。

“終わりの見えない戦乱の世”も、まさに先の見えない時代であった。そんな時代を生き抜いた武将たちのエピソードが、参考にならないわけがない。歴史は、失敗も成功もバズりも炎上も書いてある、生きた教科書である。

続きを読む

 

 

 

 

 

 

 

-読書ノート
-

© 2023 Fukurogiブログ Powered by AFFINGER5