読書ノート

読書ノート

2021/10/19

クロムウェルとピューリタン革命

17世紀に起こったピューリタン革命は、イギリスの一つの大きな転換点となった。本書は、ピューリタン革命の中心人物で、後の指導者となるクロムウェルの苦闘の生涯を辿り、彼がイギリスに何をもたらしたかを描いている。

読書ノート

2021/10/3

稼げるコンサルタント 稼げないコンサルタント

本書では稼げるコンサルタントが共通して持っている特徴が述べられている。著者は日給35万円を稼ぐコンサルで、著者の経験やコンサル養成講座を通じて培った“業種・業態・規模に関係なく結果を出すためのノウハウ”がまとめられている

読書ノート

2021/9/29

アフターデジタル

デジタルが完全に浸透した世界をイメージできていない人は多い。本書は、デジタルトランスフォーメーションを行いたいと思いつつも、何をしたら良いのか分からない人に向けて、“変革の武器”を与えている。

読書ノート

2021/9/23

日本史の謎は地政学で解ける

西からやってきた天皇 昔々、神が天上界より南九州の火山帯高原に降り立った。その子孫である神武天皇が、日向の地から東進を開始した。このとき、山が多い陸路より、海路が活用された。 日本書紀や古事記では上記のように書かれている。おそらくは“米作農業知識人”を中核とし、九州北部から支配地を拡張したと思われる弥生人が、瀬戸内を中心に広がっていた“やまと国”を長い年月をかけて吸収合併し、今の奈良県に“大和朝廷”と称した政府を立ち上げたと思われる。 なぜ地図上では近いはずの四国の南側に沿ってではなく、瀬戸内を経由して紀 ...

読書ノート

2021/9/20

13歳のきみと、戦国時代の「戦」の話をしよう。

“終わりの見えない戦乱の世”も、まさに先の見えない時代であった。そんな時代を生き抜いた武将たちのエピソードが、参考にならないわけがない。歴史は、失敗も成功もバズりも炎上も書いてある、生きた教科書である。

読書ノート

2021/9/19

世界史をつくった海賊

“海賊行為”によって豊かさを追求し、200年以上にわたる歳月をかけて大英帝国(British Empire)を築いた。本書は、海賊の役割に光を当て、当時のエリザベス女王と海賊の特別な関係、イギリスの国状を如実に物語っている。

読書ノート

2021/9/12

女王エリザベス 上

ヘンリー8世の娘としてこの世に生を受けたエリザベスには、誰よりも輝かしい未来が約束されたはずだった。しかし王の寵愛を失った母は死刑台に消え、自らはロンドン塔に幽閉される。王位継承権をめぐる壮絶な争いの中で、エリザベスは…。

読書ノート

2021/9/6

外資系コンサルのリサーチ技法

リサーチとは“物事を観察して、その本質や奥底にあるものを見抜くこと”である。必要な情報を、どう集めて、どう整理して、どう加工して、意味あるものに昇華するのかを問われていて、この力を高めることが本書のテーマになっている。

読書ノート

2021/8/31

サーチ・インサイド・ユアセルフ

EQの中核は己を知ることであり、最善の方法はマインドフルネスである。本書にはマインドフルネスの素晴らしさとトレーニング方法が書かれており、意のままに心を鎮める方法を学べる。実践した人の創造性や生産性、幸せを高めてくれる。

読書ノート

2021/8/22

完全パンクマニュアル

独学でパンクロッカーになるのは難しく、どうしてもファッションパンクになってしまう。本書ではセックス・ピストルズからパンクを学びます。本書の内容を順次忠実に進めていくだけで、ちゃんとしたパンクバンドが作れる。

© 2023 Fukurogiブログ Powered by AFFINGER5