イギリス史

読書ノート

2021/10/19

クロムウェルとピューリタン革命

17世紀に起こったピューリタン革命は、イギリスの一つの大きな転換点となった。本書は、ピューリタン革命の中心人物で、後の指導者となるクロムウェルの苦闘の生涯を辿り、彼がイギリスに何をもたらしたかを描いている。

読書ノート

2021/9/19

世界史をつくった海賊

“海賊行為”によって豊かさを追求し、200年以上にわたる歳月をかけて大英帝国(British Empire)を築いた。本書は、海賊の役割に光を当て、当時のエリザベス女王と海賊の特別な関係、イギリスの国状を如実に物語っている。

読書ノート

2021/9/12

女王エリザベス 上

ヘンリー8世の娘としてこの世に生を受けたエリザベスには、誰よりも輝かしい未来が約束されたはずだった。しかし王の寵愛を失った母は死刑台に消え、自らはロンドン塔に幽閉される。王位継承権をめぐる壮絶な争いの中で、エリザベスは…。

読書ノート

2021/8/18

ヘンリ八世の迷宮

イギリス史において、ヘンリ八世ほど名君と暴君で評価が大きく分かれている人物はいない。本書は、ヘンリ八世の人物像とその世界を様々な角度から描き出し、ヘンリ八世という迷宮のような人物の「入り口」となっている。

読書ノート

2021/8/16

エリザベス女王

エリザベスは厳しく怒りやすかったが、地方巡幸の際の優しい心のこもったスピートは人々の心を深く掴んだ。イングランドの存亡の危機ともいえる厳しい難局を側近を使いこなして国庫の運営に大いに力を尽くして切り抜けた。

読書ノート

2021/8/8

薔薇戦争

薔薇戦争は、今なお「分裂」の代名詞として語られ、英国民の記憶に鮮烈に焼き付いている。本書では、テューダー王朝180年間の下で育まれた史観を念頭に置きながら、この未曾有の内乱を概説している。

© 2023 Fukurogiブログ Powered by AFFINGER5